20087.jpg
22392543.png
​地域お客さま満足度
557548.png
平田さん患者さんの声-min.jpg
中川悦子さん患者さんの声-min.jpg
森本さん母患者さんの声-min.jpg
奥村たいちくん患者さんの声-min.jpg
山本真弓さん患者さんの声-min.jpg
下垣内さん患者さんの声-min.jpg
森本さん父患者さんの声-min.jpg
森本けいすけさん患者さんの声-min.jpg
当院の患者様はこのように言ってくれています-2-removebg-preview-4.png
メディア出演リボン画像.png
​メディアに出演し、当院が紹介されました
スクリーンショット 2022-01-26 22.42.59.png
スクリーンショット 2022-01-26 18.39.49-min.png
講演会主催リボン画像.png
​地元地域にて、講演会を主宰するなど健康増進活動にも積極的に取り組んでいます
IMG_1181.JPG
講演会チラシデザイン.jpg
rm200-aew-02-min.jpg
国家資格保有リボン画像.png
​理学療法士として厚生労働省から免許を受け、病院でのリハビリ経験があるので安心の施術
理学療法士免許 背景なし.jpg
海外講師に師事リボン画像.png
​理学療法士としての医学的な知識以外にもオステオパシーという手技療法を学び技術の研鑽に努めております
オステオパシー講師との写真.png
高級感背景 画像1.jpg
治療しない治療院 LP素材1(最寄駅・施術実績).png
治療しない治療院 LP素材2.png

ホームページ

1日1人限定

​からのお問い合わせで

​で

​体験価格

​で

​施術を受けていただくことができます

特別価格 画像.png
​このようなお悩みはありませんか?
病院で検査してもらうけど原因がわからなくて.png
22678884_s-removebg-preview.png
1.png
もしも上記のような-min.png
実際に改善された方のお声を...リボン画像.png
2-min.png
13-min.png
来院するたびに効果を実感!-min.png
22295808.png
治療しない治療院が選ばれる   理由
5つ
1-min.jpg
2-min.jpg
3-min.jpg
4-min.jpg
5-min.jpg
治療しない治療院 ホームページ画像1.jpg
治療しない治療院 ホームページ素材7.png
理学療法士免許 背景なし.jpg

元理学療法士(国家資格保有)のこの僕が、病院でのリハビリでは症状を改善できないということを知り、「オステオパシー」「東洋医学的知識」「キネシオロジー」「チャクラ」「心理学」など、あらゆる技術を詰め込んだ独自技術を提供します。

​治療しない治療院の整体は​【オステオパシー】を主軸とした施術を行います。
オステオパシー修了書 背景なし.png

※オステオパシーを学んだ時の修了書の一部です

Andrew_Taylor_Still_1914.jpg

​オステオパシーとは?

1874年にアメリカ人医師・アンドリュー・テイラー・スティル博士によって提唱された施術法で、語源はギリシャ語のOsteon(骨)とPathos(病理、治療)。骨格筋肉などの運動器系、動脈静脈リンパなどの循環器系、脳脊髄液の循環を含む脳神経系など、あらゆる器官に手技によって働きかけて体のバランスを整えていきます。主に、人間の「自然治癒力」を低下させている原因を追求することに重点を置いているのが特徴。

22295808.png

実際に治療しない治療院の
施術を受けていただいた方の変化

CASE.1

20年以上「O脚」の状態で日常生活を過ごし段々と生活に困難さを感じる。整形外科に行くも高齢で基礎疾患もあるということから膝の手術を断られる。もう痛みを我慢しながら過ごすしかないのかなぁ...と思っていたところに来院。
​20年以上続いた「O脚」でもかなり変化を感じた膝矯正例

IMG_4829.jpg

病院でみてもらっていたが、心臓病や糖尿病の既往歴があり、年齢も80代で高齢であるため、膝の手術ができないと言われていた。膝の痛みが生活の中で支障をきたしていたところに来院された患者さん。

​最初は、何度も通わなければならないと思っていて「不安」を抱えていましたが、一度当院の整体を受けてみて「体はこうやって改善すればいいのか」と理解されてからは、ご自身でもセルフケアができるようになり、整体の頻度は減り、メンテナンスを気になる時に入れる程度に回復された事例。

CASE.2

膝が曲がりにくくなり、ずっと関節注射を打ってもらっていたが、全く回復せず...
生活にも支障をきたしていたので何とか回復したいと思い来院。まさか、過去の胆のうの摘出手術が影響していたとは驚き!
一回の施術で膝の可動域の変化を感じた症例

膝関節痛があり、胆のう手術に影響していた事例.JPG

右膝関節が痛くてずっと病院に通い関節注射を打ってもらっていたが全然改善の傾向はみえなかった。

日常生活でも支障をきたしてきたため、なんとかならないかと、娘様からのご紹介で来院。

はじめは、「また膝の痛みを繰り返すのではないか?」と不安があったとのことでした。

しかし、1回目の整体によるメンテナンスで今までと違う変化に気づかれて、しっかり膝を改善したいと意欲的になられています。

​セルフケアの方法もお伝えして、家で自分でも症状改善に取り組んでおられます。

​膝の曲がり具合も一回でこの変化があったので安心につながりましたとおっしゃっていただきました。

CASE.3

右肘骨折後より右肩が下がり、姿勢不良が続いた。何とか改善できないかと、いろんな接骨院へ行ったが改善されず...そんな中、当院を見つけていただき来院。
施術後の変化に喜びの驚きを見せた症例

過去に右肘の骨折があり右肩が下がっていた事例.jpg

プロを目指してサッカーに取り組んでいる青年で姿勢の偏りを気にされていました。

左側のお写真をご覧いただくと、左肩に比べて右肩が下がっているのがわかると思います。

今までいろんなところへいったけど、改善されずに悩んでいたところを、当院を見つけていただき来院いただきました。

はじめは、「効果実感できるかなぁ...」と少し不安もあったとのことでした。

当院の整体を受けてみて、鏡で自分の姿を確認していただくと、「えっ?!嘘やろ?!」と感動されていました。

​一回の整体以降は、来院しておらず、その後の様子を伺うと、お伝えしたセルフケアで対応できているとのことでした。

CASE.4

この方は、重度の脊柱管狭窄症ではじめてお会いした時には、右足部が「だらん」と下を向くように神経系の障害がみられていました。その他にも、「痛み」「しびれ」「踏ん張りがきかない」などの症状にも悩まされていました。

左側の画面が整体を受ける前の様子ですが、実は手術を受けてこの状態だったんです。

だからこの患者さんとお会いした時におっしゃっていたことは「もうしゃーないかなって思ってたんですけど...でも、何か良くなることがあるんやったらと思ってました」と話してくださっていました。

動画の映像では、磁気治療器が入ったベルトをつけて歩いている様子です。

もちろんなくても歩行の状態はかなり改善していますが、ケア方法のひとつとして磁器治療器のケアもおすすめさせていただきました。

症状であった「痛み」「しびれ」「踏ん張りがきかない」というのも軽減しました。

​この方は、現在は月1回のメンテナンスと指導させていただいたホームケアと合わせて「痛み」「しびれ」「踏ん張りづらさ」をコントロールされています。

重度脊柱管狭窄症で、手術を受けたが症状はほとんど回復せず...「腰の痛みはもちろん「しびれ」、「右足首より下が麻痺」というボロボロの状態で来院。「腰の痛み」「しびれ」が改善し、歩行がかなり安定した症例

CASE.5

間質性肺炎の投薬治療の副作用に伴う両股関節壊死で両方の股関節が人工股関節に...
以後、歩行困難になった方の歩行改善例

この方は、間質性肺炎で投薬治療を行っていた際に、投薬の副作用の影響で両方の股関節(足の付け根)が壊死(骨がもろくなってしまう)してしまい、両方の股関節を人工股関節にする手術を受けていた患者さんでした。術後の経過は悪く、特に右足は踏ん張りもきかず、足も上がらないと困っていました。生活にも支障が出るほどであったとお話くださっていました。

最初は「何回も通わないといけないのかなぁ...」とか「効果を実感できるのかなぁ...」などの不安を抱えていました。

​動画の映像をご覧いただくとわかると思いますが、すごい変化ではないでしょうか?「これなら生活が楽になる」「もっと買い物でも歩けるかなぁ」と期待をふくらませることもできるようになりました。

ちなみに体に貼ってあるのは、当院で行っているチタンテーピング療法で貼っているテーピングです。​その方の症状の一番影響している部分に貼るだけで体は変化します。

治療しない治療院 ホームページ素材8.png
治療しない治療院 お客さまの声9.jpg
治療しない治療院 お客さまの声10.jpg
病院に行ってもわからなかった原因がわかり、あれだけ改善しなかった左膝の痛みが改善した!!

​原因不明の左膝痛 吹田市

Q.1治療院を知ったきっかけは?

知り合いに苦痛なところを話していたところ、紹介していただきました。

Q2どんな症状で悩んでいたのか?

左膝を何度もケガしていて、、、

一番最初は自転車で転けてそのときは接骨院に行って湿布とかしていて一ヶ月くらい腫れたりしていた、、、

その後、またバイクで転けて左膝を打ってしまった、、、

完治していないままケガをしてしまって、それが何回か繰り返されて段々ひどくなってきて夜もうずいて寝れないようになってきた。

いろんなところに行ったんですけど、整形外科にも行きましたし、、、

MRIも撮ってもらって、、、

一つ目の病院に行った時は、手術しかないと言われた。

年も年なので若い子みたいに完治する必要あるのかなぁと思っていた。

なので、セカンドオピニオンを使って他のところで診てもらった方がいいんじゃない?って言われて別のところへ行ったら、そこでは「全然なんともない」って言われたんですよ!

それでちょっとクエスションで、、、ずっと1週間に一回ストレッチとか通って「体を柔らかくしないと」と言って通ったんですけど、やっぱり痛いから、、、家でもやってみるけどあまり効果はないし、、、

結局は痛み止めと湿布をもらうだけ、、、通うだけ、、、

効果なくて、それでもやっぱり寝れないくらい痛い、、、

Q3実際に当院の施術を受けてみての感想、どんな変化があったのか?

最初はお友達も説明しづらいので、どんな感じだろうって想像つかなかったんですけど、、、

まず一番思ったのが、病院に行っても自分の痛いところをうまく説明できなかったんですよ。

膝って言っても「ここ!」って言えなくって全体がうずく感じだったので、、、

それが先生にしていただいた時に、頭に手を当てているのに膝の「そこ!そこ!そこ!」っていう「そこが痛いねん!」っていうところに効くっていうか、「そこに手が届く」っていうところに感動したというか、不思議で、、、

施術を受ける前に歩いてみて、終わった後の感覚の違いも一度ですごい体感できた。

待っていたところ、「見つけた!」っていう感じ。

Q4どういう人におすすめしてあげたいですか?

私みたいにどこに通っても治った感がない方とか、

お年寄りの方でストレッチとかなかなかできない方とか、

祖母とかにもお話したところ、毎日のように整形外科に通って引っ張ってもらったりいろいろあるじゃないですか、、、器具がね。

でも、その時は気持ちいいねんけど、毎日通ってその時の気持ちよさを体感したいだけで全然治ってはないって、、、やっぱりよくなってはないって言ってたのでそういう方とか。

22295808.png
​実際に施術を受けた方の生の声をお聞きください
​長年続いていた首こり肩こりが劇的に改善した!!

​慢性首こり・肩こり 堺市

Q1治療院を知ったキッカケは?

院を知ったキッカケというか、元々菊本さんのことを知っていて、詳しくどんな施術をしているかという中身までは知らなかったですけど、、、

自分もずっと抱えている「痛み」とか「悩み」があったので、「受けたいな、受けたいな」と思っている中で新たに院をスタートしたっていうことで知ったということ。

Q2どんな症状があったのか?

元々は首・肩がめちゃめちゃ痛くて、それも10年以上前に車の衝突事故で「むち打ち」になるのが二回くらいあったりとか、、、

それが何もしていなくても「鈍痛」があったりとか「重み」があったりとか、、、

大体週の後半になると、そっから頭痛になったりとか、、、っていうのがここ10年以上続いていたっていう感じですかね。

Q3どこかへ通っていたのか?

事故したすぐは、整骨院みたいなところでマッサージしてもらったりとか、電気とか熱の治療とかちょこっとしたりとか、、、

行ってもそんなに治らないんで、、、

Q4施術を受けてどんな効果があったのか?

わかりやすくいうと、「痛みはなくなる」

全身を診てもらっているので「全身が軽くなる」

「整う」っていう感覚が僕はなんとなくわかるなっていうのが大きいかなって思います。

頭痛も全くないです!どちらかというと、もう今通ってどれくらいですかね、、、何ヶ月か、、、受けたのが4~5回で、通い始めた時よりも明らかに「仕事もハード」「プライベートもハード」になってますけど、痛みはないです。

一回もないです。最近。これすごい変化です!

Q5どんな人におすすめしたいか?

ぶっちゃけ、10年くらい痛みが続いてたから治るという感覚はなかったです。

だから、この痛いのを「軽減」するとか「うまいことこれからも付き合っていかないといけないのかな」と思ってたのが本音なところで、、、

実際この4~5回受けた中で痛みはないし、むしろもっともっと体の状態が良くなっているように感じるくらいなので、、、

それこそ、「これはもう治らんのちゃうかな」とか「こんなんましになるわけないよな」とか「今まで私いろんな病院転々と周ったし、、、」とかっていう人こそ!受けてほしいですね。

両側変形性股関節症を患い、手術を勧められていたが手術しないで生活できている症例!!

​両側変形性股関節症 両側股関節痛 葛城市

Q1治療院を知ったキッカケは?

そのキッカケは股関節の動きが悪くって、その影響で転倒して左の膝を骨折したことによって、リハビリをするようになってそこで知り合いました。

Q2リハビリをしていて症状の変化はどうであったか?

最初リハビリ始めた時は、とても歩行困難で足を動かせなくて、徐々にリハビリをする中で足を動かせるようになって、だいぶ生活が改善されました。

Q3実際にどんな症状がありましたか?

「長く立っていられない」

それと、、、「座っていた状態から行動に移すにあたって歩く時の痛みと歩行困難」とか、、、

その時によっていろいろですけど、「足が上がらなかったり、、、」とか「足の可動域がなくなってくることで日常生活に支障をきたしている」

Q4なかなか一般的なリハビリだけでは、症状が改善しないというふうに聞いていましたが、治療院に通ってからはどういった変化(効果)があったのか?

いつもここに来るのが楽しみで、大体2週間~3週間でここに来てるんですけど、まぁいろいろと出る症状に対応していただけるので、気持ちが楽になって歩くのも楽になって日常生活に戻れる感じして続けてます。

その時々によって、日常でどうしても無理しないといけないこととかあったりして、、、

するとどうしても歪みが出てきて、「足を引きずる」とかあったんですけど、ここで調節してもらってまた楽になるので「痛みの軽減」とか「体の歪み」とかが自分で「あっ、楽になったな!」と感じます。

Q5どんな人におすすめしてあげたいですか?

体の痛みがあるのであれば、その痛みを我慢して他のところに歪みを出すことになってはいけないので、、、

私の場合は痛みがあったのをカバーするためにあちこちのバランスを崩してしまったので、やっぱりちょっとの痛みでもそれを我慢しすぎて変な格好になったりしながら生活するのは、徐々にまた悪化させていくからそういうのを整えるようにここに通われるといいのかなと思います。

体のバランスってとっても大切だと思います。

22295808 2.png
​信じられないような施術結果は
​各業界関係者からも評価を受けています
わたしは-removebg-preview.png

一般社団法人日本スポーツ連盟の菊池代表が

​当院を推薦くださいました。

一般社団法人日本スポーツ連盟

​代表 菊池昌太氏

【推薦文】

 

実は菊本先生と出会ったきっかけは、治療院とは関係ないところでした。

 

菊本先生は「症状」だけでなく、症状がある「患者さん」自身もより深く診るために様々な勉強・研究をしており、その過程でお会いしました。

 

それから私がトップアスリートを指導するようになり、アスリートに紹介する前にまずは自分が体験してみなくてはということで診察しました。

 

私は10年以上前から首が痛く、むちうち状態で、肩や首が凝りやすく、週末には痛みが出るほどでありました。

 

筋力をつけたり、日々気をつけて過ごすくらいしかないかなと思っていたのですが、菊本先生の『治療しない治療』を受けると痛みがかなり緩和されました。

 

その状態が約1ヶ月続き、痛みが出た頃に受診を繰り返した所、初診から半年ほど経った今では、3ヶ月くらい大きな痛みなく過ごせるようになりました。

 

一度行ってみると「治療しない治療院」の意味がよくわかると思いますので、特に長年痛みなどで悩まれている方はまずご相談してみてください。

IMG_2584.JPG
IMG_2702.JPG

児童発達支援・放課後等デイサービスの河合代表が​当院を推薦くださいました。

児童発達支援・放課後等デイサービス

​代表 河合氏

【推薦文】

 

慌ただしい毎日の生活で、目の前の選択肢に振り回されている方も多いと思います。

患者さんを表面的にみるのではなく、根本から改善しようと寄り添ってもらえる専門の治療院です。

整形外科に通っているが「なかなか痛みが改善しない!」「病院が嫌い!」という方は、強力な選択肢の一つになると思います。

痛みだけでなく、日常生活の視野が広がっている方も数多くいます。

おみそロゴ画像.jpg
河合さんイメージ画像.jpg
なぜ、なかなか症状が改善しないのか?

それはほとんどの場合、本当の原因を見つけられていないからです。

​これは、あなたのせいではありません。

我々、提供者側に問題があるのです。

​肩や膝、腰が痛いから、患部をマッサージする

​症状のある場所をただ単に温める

​症状のある場所をただ単に電気を当てる

​肩や膝、腰が痛いから湿布を処方したり注射をする

これらは実は方法として間違っています

間違っていますというのは、体を本当の意味で改善させたいと

思っている人にとっては間違っているということです

これに関してもあなたが決して悪い訳ではなく、

提供者側が間違ったことを伝えてしまっているのです

あなたの出現している症状はすべて結果であって、それを起こす原因が必ずあります

肩や膝、腰の痛み対して痛み止めや湿布を使う