首が痛い原因は靭帯が損傷したせいかも?奈良で根本的な改善を専門とする整体先生が語る首の痛み改善のヒント!

奈良で治療院をしています、治療しない治療院の院長の菊本です。

当院にお越しになられた患者さんで「首が痛い」という訴えを聞くことがあります。

レントゲンを撮ってもらうけど、特に神経に当たってるとかヘルニアになっているとかはないのにどうしてなの?という患者さんが多くいらっしゃいます。

当院では、こういったケースでも当院独自の整体法にて全身を調整させていただくことで症状の改善を図ります。

特に首に何も異常がみられないのに、どうして首が痛くなるのか?

あらゆる原因が考えられますが、今回はある患者さんの例で紹介させていただければと思います。

30代女性の患者さんで、この患者さんはスポーツをしていて過去に左の足首を捻り「靭帯」を損傷した患者さんでした。

訴えとしては、「首が痛い」「首と肩がよくこる」「マッサージをやってもほとんど意味ない」ということでした。

こういった場合、「首の部分に原因がない」ということがほとんでです。

患者さんの場合も同様で、当院独自の検査法で全身状態をチェックしていくと、過去の靭帯損傷の影響で、足首から首にかけて「首を足首に向かって引っ張るような力」が加わっていました。

要は、足首の靭帯損傷の影響で首にかけて持続的な負担が加わったことにより、「慢性的な首の痛みやこり感」の症状が出現していたということでした。

この患者さんの場合は、靭帯が断裂するほどの損傷でしたが、手術はされていないとのことでした。

手術をされている場合と、そうでない場合で、体にかかる負担は変わってきます。

原因が具体的にわかったところで、その部分にアプローチし、当院独自の整体法にて整えてあげると、「首が痛い」という症状は改善されていました。

奈良の橿原にある当院では、全身からその症状を起こしている原因を探り、根本的な原因に対してアプローチしていきます。

そうすることにより「マッサージが全然効かない」という症状に対しても効果的にケアすることができるようになります。

また、合わせて「ホームケアの方法」「ホームエクササイズの方法」なども患者さんの状態に合わせてお伝えさせていただいております。

なかなか治らない「首が痛い」という症状でお悩みの方は、ぜひ当院へご相談くださいませ。




0回の閲覧0件のコメント