足首の靭帯損傷が及ぼす体への影響とは?奈良で根本的な改善を専門とする整体先生が語る靭帯損傷の話!

奈良で治療院をしています、治療しない治療院の院長の菊本です。

当院へお越しになる患者さんの中にも、「過去に足首の靭帯を痛めた」「靭帯を切った」「靭帯を切って手術をした」という患者さんがいらっしゃいます。

上記のような訴えに対しても当院では、全身状態を確認し、また問診で得た情報と合わせて整体という形で体を整えさせていただいております。

では、実際「過去に受傷した足首の靭帯損傷」が体にどういった影響を及ぼすのか?

「腰部痛」→足首の靭帯と腰部の組織がつながっているため、足首の靭帯損傷の影響を受けて腰部にある筋肉やその他の組織が緊張しやすくなります。また、足首が不安定になるため、腰部などに負担がかかりやすくなることも原因のひとつです。

「股関節痛」→股関節周囲の筋肉や股関節の靭帯組織も足首の組織とつながっているため、股関節に負担が蓄積したり、股関節周囲の組織が緊張しやすくなったりすることで痛みが発生することがあります。

「首や肩こり」→足首の影響が首のこりや肩のこりに出てくることもあります。足首の負担は足から骨盤を経由して、背骨を伝って首や肩に影響が起こることがあります。

「膝の痛み」→我々の体重は、主に足関節・膝関節・股関節・背骨で支えています。足首の靭帯が損傷すると、膝関節・股関節・背骨で支えなくてはいけなくなります。つまり、各関節にかかる負担が増えるため、それが膝関節であった場合、膝の関節が痛くなることがあります。

上記のような症状は、足首をケガしてその時に必ず出るわけではないというのが厄介です。

何年後・何十年後という形で症状が発生してくるので、本当の原因がわからないということになるわけです。

奈良の橿原にある当院では、何年前・何十年前のケガであっても整体で体を整えることにより、現在感じている症状の緩和を図ることができます。

「まさか、こんなところが原因だったの?」と驚かれる患者さんも多くいらっしゃいます。

過去にひどい捻挫や靭帯を損傷したなどがあって、上記のような症状でお悩みがある方は、改善できると思いますので、ぜひご相談ください。




0回の閲覧0件のコメント