足が痺れる原因は仙骨にある?奈良で根本的な改善を専門とする整体先生が語るしびれ改善のヒント!

奈良で治療院をしています、治療しない治療院の院長の菊本です。


当院へお越しになる患者さんで「足が痺れるんで...」という訴えのある患者さんがいらっしゃいます。


足が痺れる原因にもいろいろありますが、今回は「仙骨」が歪むことで足の痺れが起こる原因について書いていきたいと思います。


当院は足の痺れに対しても、当院独自の整体法にて痺れの改善を図ります。


では、仙骨の歪みと足が痺れるという症状はどのような関係があるのでしょうか?


まずは下の図をご覧ください。


赤丸の部分が仙骨です。


黄色の細い繊維が神経です。


よくご覧いただくと、仙骨の部分からも神経が走行しているのが確認いただけると思います。


また、腰の部分から伸びてきている神経も足の方へ走行していく経路で仙骨の部分を通過している神経も確認いただけると思います。


図には、筋肉や内臓臓器がない状態で表現されていますが本来はその部分にも筋肉や内臓臓器で埋め尽くされているわけです。


そうすると、仙骨にわずかなズレ(歪み)があるだけでも仙骨や腰椎(腰の骨)、腸骨(骨盤の骨)に付着している筋肉や内臓臓器に緊張が出現します。


それら組織が持続的な緊張状態が続くとどうなるのか?


それら組織の間を走行している神経系が刺激を受けると足に痺れが出現するようになります。


つまり、仙骨がわずかにズレる(歪む)だけでも筋肉や内臓臓器が影響を受けて組織が緊張し、「足が痺れる」という症状につながるわけです。


仙骨が歪む原因はどういったものがあるのでしょうか?


一番歪みが起こりやすいのは、尻もちをついて転倒することです。


単純に物理的な衝撃で歪みます。


女性の場合は、子宮や卵巣の機能不全(子宮筋腫、卵巣卵巣のう腫、子宮内膜症など)の影響で仙骨が歪むこともあります。


また、慢性腰痛がある方も仙骨が歪んでいる場合があります。


腸の機能不全も仙骨を歪ませる影響力になります。


こんなふうに考えていくと、足の痺れを改善していくといっても、ひとりひとり「足が痺れる」という症状が起こってい原因はそれぞれ違う原因で起こっている可能性が高いわけです。


つまり、様々な観点から「足が痺れる」という症状の改善を考えて施術してくれる接骨院や整体院などを選ぶことをおすすめいたします。


奈良の橿原にある当院では、あらゆる可能性を考えながら原因を追求していくことを大切に施術させていただいております。


原因に対してアプローチしていけば、必ず症状は改善していきます。


諦めかけていた症状も、もしかしたら今までは原因にアプローチされていなかった可能性があります。


原因を言及して整体で体を整えるからこそ、変化します。


足が痺れるという症状でお悩みの方は、ぜひご相談くださいませ。


県外などで遠方の方は、zoomなどを活用した症状改善のためのカウンセリングを行っておりますので合わせてお問い合わせくださいませ。



0回の閲覧0件のコメント