膝が痛い原因は胸の手術の影響?奈良の根本改善専門の整体先生が語る膝痛改善のヒント!

奈良で治療院をしています、治療しない治療院の院長の菊本です。


当院へお越しになられる方で「なぜか、膝が痛いんです...膝に負担のかかるようなこと何もしてないのに...」とご相談くださった方がいらっしゃいました。


一般的に、「膝が痛い」という症状は膝だけの部分をみていることが多いように思います。


「膝が痛い」という症状は、例えば、骨盤が歪んでいても起こるし、足首が硬い、足の裏にこり感がある、腰の不調などからも起こることがあります。


だから、「膝に負担のかかったような出来事がないのに...なんでやろ?」ということが起こるというわけです。


つまり、膝の関節自体には、そもそも原因がないことが多くあります。


こういった知識を身につけておかないと、単純に「膝が痛い」からで病院へ行っては良くなるものも良くならないということが起こります。


では、当院へご相談くださった方の「膝が痛い」という症状はどこからきていたのでしょうか?


今回、ご相談いただいた方は、50代女性の方で、過去に胸のあたりに腫瘍ができて手術をした際、手術ミスで大量の出血をされる。その際、緊急で胸を左脇の下から左胸の前面(胃がある位置)くらいまで切開されるくらいの大きな手術を経験されていました。


一時、その手術の影響で声帯が動かなくなり、声が出ていなかったことがあるというふうにおっしゃっていました。


つまり、手術後の後遺症のような症状もかなり感じていたというようなことでした。


では、この方の今までの経緯と「膝が痛い」という症状はどのように関係しているのでしょうか?


下記の図をご覧ください。


図をご覧いただくと、手術した場所がざっくりと左胸の赤丸で囲ってある部分になります。

ご相談いただいた方の「膝が痛い」という症状は左膝にありました。


ちょうど、図をみていただくとわかると思うのですが、左膝の部分が手術側に引っ張られるような力がかかっている様子を矢印を使って表しています。


そうなんです。


左膝が悪いわけではなく、手術したことで胸まわりの筋肉などの組織が硬くなったり、左胸周辺の骨が歪むことによって、左膝に負担がかかっていたというわけです。


だから、もしこの状態で病院へ行ったらどうなるか?


「特に膝は異常ありませんね...湿布出しておくので、それで様子みてください」で終わりです。


それで湿布薬代と診療代を取られるというわけです。


膝のひとつも触ってくれないというところ、ざらにあります。


これは僕の妄想ではなく、事実ベースのお話です。


別に医師の方を責めているわけではありません。


患者さんの痛みを苦しみをわかってくれるところは少ないということです。


当院は、そういった方の力になりたいと思っています。


話がそれましたが...原因がわかったので、その手術跡の部分を当院独自の整体法にて調整を行いました。


そうすると、膝を調整したわけじゃないのに「痛みがなくなりました」と喜ばれていました。


その後、その方の場合は、左胸の手術後の部分が硬くなっているので、その部分をほぐすようなストレッチの指導、ホームケアとして温める部位の指導をさせていただきました。


奈良の橿原にある当院では、その方の状態に応じてオーダーメイドで整体させていただいております。


今回、ご相談いただいた方のように過去の手術が影響して今の症状が出現していることは多々あります。


当院では、そういった影響力も配慮して体をみさせていただいております。


「謎の膝が痛い」という症状でお悩みの方は、ぜひご相談ください。


県外や遠方の方に関しては、zoom(リモート)にて症状改善のためのカウンセリング、ホームケアやホームエクササイズなどの指導をさせていただいております。


気軽にご相談くださいませ。



0回の閲覧0件のコメント