腰部脊柱管狭窄症はリハビリで改善するのか?!奈良で腰部脊柱管狭窄を改善できる整体は?!

治療しない治療院の院長の菊本です。


理学療法士として病院に勤務していたころ、腰部脊柱管狭窄症の方を担当していたことがあります。


手術後の方のリハビリや手術前の外来でのリハビリなどを経験しました。


実際、リハビリで腰部脊柱管狭窄症に対してどこまでアプローチできるのか?


可動域訓練をしたり、筋力トレーニングをしたり、歩行訓練をしたりしますが、それで原因の部分にアプローチできているかというとなかなかアプローチできていないことの方が多いです。


そもそも腰部脊柱管狭窄症で問題となっているのはなんでしょうか?


それは『腰部脊柱管部での神経根を圧迫する力が働いている』ということです。


これがどういう因果で起こっているかはここでは割愛させていただくとして、問題がそれならばそれを取り除いていくアプローチが必要なわけです。


根本的には、腰部脊柱管での神経根の圧迫を除圧してあげたいわけですが、上記のようなリハビリの内容では除圧するまでにいたりません。


だから、リハビリではなかなか改善しにくいのが現状です。


また、その他の接骨院や整骨院でも同様です。


電気をあててほぐすだけでは、腰部脊柱管の神経根の圧迫を除圧できるまでにいたりません。


当院では、どのようにアプローチするのか?


そもそも腰部脊柱管での神経根の圧迫が起こった原因は、腰部だけではなく全身の状態が関係しています。


どういうことかというと、例えば内臓の機能低下ひとつとっても腰部での神経根圧迫を起こす引き金になりかねませんし、両下肢の過去の骨折の影響などを受けて起こることもあります。


いずれにしてもその影響力を考慮した上で体をみていくことで、腰部脊柱管部での除圧につながります。


奈良の橿原にある当院では、そういった形で根本的な改善をご提案させていただいております。



ぜひ、腰部脊柱管狭窄症の症状でお悩みの方はご相談くださいませ。

0回の閲覧0件のコメント