腰痛は病院ではどうにもならない?!整骨院ではどうなのか?!

治療しない治療院の院長菊本です。


腰痛は、多くの方が経験したことがあるのではないでしょうか。


厚生労働省によると85%は「原因不明の腰痛」であると言われています。


病院のレントゲンやMRI検査で異常が確認されない場合、


湿布薬と痛み止めを処方されるだけで他に処置などの施しようがないというのが現状のようです。


病院では、投薬での対症療法でどうしようもないので整骨院などを探す方も多いようです。


整骨院では、腰痛を改善できるのでしょうか?


答えとしては、半分マルで半分バツということです。


まず、バツの理由としては


「電気を流して」→「ホットパックして」→「最後にほぐす」


このパターンで治ったという人を聞いたことがありませんし、


実際に当院にくるお客様では上記のような話を良く聞きます。


当院にお越しになられている時点で改善されていないということです。


また、もう1つの理由として根本的な原因の箇所にアプローチされていないのがほとんどです。


それは、「骨盤矯正」なども同様です。


骨盤だけを矯正しても、その腰痛を起こしている原因が残っていれば症状が再発します。


腰痛は様々な原因で出現します。


「骨格の歪み」「内臓の機能低下」「便秘」「過去の骨折や手術の影響」など。


それらをしっかりを見分けてくれるセラピストにみてもらうことが重要です。


当院では、これらの原因をカウンセリングや高い技術力を持ったセラピストが体の異常を考察します。


慢性腰痛の方は、病院では良くならないという話をよく聞きます。


そんな方は、一度当院へお越しください。


0回の閲覧0件のコメント