左側の腰が痛い!この原因は?!奈良で根本的な改善を専門とする整体先生が語る左側の腰の痛みの真相!

治療しない治療院の院長の菊本です。


「腰が痛い」と訴えのある患者さんも多いです。


しかし、患者さんによって腰の痛みのある場所は様々です。


「腰の真ん中あたりが痛い」「腰の右側が特に痛い」「腰の左側が痛い」「腰というか骨盤のところの出っ張った骨が痛い」「腰からお尻のところにかけて痛い」など人によって腰の痛みの場所は違います。


今回は、当院でみさせていただいた患者さんで、左側の腰の痛みの原因についてご紹介させていただきます。


ご紹介させていただく患者さんは、長年腰痛がある女性の患者さんで、いつも左側に腰の痛みがあるということでした。


その患者さんは、過去に「子宮内膜症」の手術をされて、その際に直腸部分にも癒着がありそれを剥がす手術も同時にされたという既往歴をお持ちでした。


他の接骨院とか整体に行っていましたが、なかなか良くならないということで知り合いを通じて御来院していただきました。


1回目から変化は感じつつ、趣味でやるソフトバレーの時に少しが痛みが出るくらいの様子でした。


ただ、ソフトバレーをやっている際の腰の痛みが気になるということでさらに問診を深めながら体を確認していくと、先ほど話した「子宮内膜症」の手術の際に直腸の部分の癒着を剥がした部分の組織がおそらく術後の影響で硬化し、硬化した影響で腰に負担をかかえていたという可能性がわかりました。


その部分に対してよりしっかりとアプローチを加えていくと、さらに前回よりも腰の痛みがなくなったと喜んでおられました。


こんなふうに、患者さんにとっては思いもよらないところが原因になっていることが多々あります。


そして、一般的な接骨院、病院も同様にこうした原因を発見することが難しく、またアプローチする手段を持ち得てないことがあります。


腰が痛くなる理由は必ずあります。


奈良の橿原にある当院では、まさにその腰が痛くなる原因について言及し、その原因の部分に対してアプローチしていくことに重きをおきながら施術させていただいております。


どんな症状もそんなふうにして関わっていけば必ず変化しますので、「腰が痛い」という症状でお悩みの方はぜひ、ご相談ください。



1回の閲覧0件のコメント