背中が痛い!背中の右上の痛みは何が影響しているの?!奈良で根本的な改善を専門とする整体先生が語る背中右上にある痛みについて!

治療しない治療院の院長の菊本です。


「背中が痛い」と訴えのある患者さんが当院にも来られます。


同じ「背中の痛み」でも患者さんごとに痛みのある場所が異なります。


今回のこの記事では、背中の右上にある痛みについて書いていきたい思います。


一般的に背中の右上に痛みがある場合は、病気などとも関連しているのでしょうか?


メディカルックというところの記事より、「背中の右側が痛い病気」というところで下記の病気との関連を指摘されていました。


「背中の右上が痛い」場合、「肺炎」「胸膜炎」「肺結核」「気胸」など肺の病気などの可能性があると書かれています。


確かに解剖学的にも、上記にある部位に炎症などが起こっていると炎症に関連した痛みを背中で感じることは考えられます。


また、上記以外では「肝臓や胆のう系」の疾患などがある場合にも背中の右上の痛みの症状は起こる可能性があると言えると思います。


実際、当院で患者さんをみさせていただいている印象では、まだ病気には至っていない状態であっても背中の痛みが出現するケースはあると思います。


つまり、未病の状態であっても体のストレスがその部位に蓄積していれば、まず症状として出現してくるということです。


それが慢性的に続くと病気へと移行してくるといった印象です。


これを考えていくと、未病の状態の時にしっかりとメンテナンスしておくことが大事です。


当院でみさせていただいていても、病気までなられていない体の方が早く症状も改善されています。


病気になってからの方が厄介でなかなか改善しにくいケースもあります。


また、内臓系の疾患は生活習慣の見直しも重要になってくるので、体のメンテナンスと合わせて、生活習慣をマネジメントしていくことも大切になってきます。


奈良の橿原にある当院では、体のメンテナンス以外に、「栄養指導」「生活習慣改善のアドバイス」「患者さんに合ったホームケアの方法」「患者さんに合ったホームエクササイズの方法」なども合わせてお伝えさせていただいております。


背中の右上の痛みの原因は、上記に書いたような部位に負担が蓄積している可能性があります。


未病の状態であればあるほど、短い期間で改善も可能なこともありますので、ぜひ、ご相談ください。



2回の閲覧0件のコメント