肩が痛いのは肋骨が動いていないから?奈良で根本改善を専門とする整体先生が語る肩痛改善のヒント!

奈良で治療院をしています、治療しない治療院の院長の菊本です。


当院へお越しになる方で「肩が痛いんです、腕も上がらなくて...」とご相談いただくことがあります。


肩が痛い理由、腕が上がらない理由は、ひとりひとりその理由が違います。


当院では、ひとりひとりに合わせて当院独自の検査法、当院独自の整体法にて症状の改善を図ります。


では、当院へご相談いただいた方の場合は、どういった理由で肩が痛い、腕が上がらないとなっていたのでしょうか?


まず、我々が腕を上げようとする時、肩関節がスムーズに動く必要があるわけですが、「肩が痛い」「腕が上がらない」という方は、確かに肩関節がスムーズに動いていないのが確認されます。


しかし、肩関節自体に根本的な原因があることが臨床的には少ないことが多いです。


では、なぜ肩が痛くなったり、腕が上がらないということになるのでしょうか?


今回は当院へご相談いただいた方の中からひとつ原因をピックアップさせていただきますと、「肋骨」の硬さが原因となって肩が痛くなり、腕が上がらないということになっていた方がいらっしゃいました。


どういうことかというと、図をご覧ください。


図をご覧いただくと、赤丸の部分が「肋骨」になります。


手から伸びる矢印で、腕をあげる時の軌道を表現しています。


そして、「肋骨」の赤丸の中には、矢印が確認できると思います。


腕をあげる時、実は「肋骨」も矢印の方向へ向かって上に上がっていくのですが、この動きが制限されていると腕の動きも制限されてしまうことになります。


そうすると、肩関節でスムーズな動きができなくなり、「肩が痛い」「腕が上がらない」ということになってしまうというわけです。


もし、この「肋骨」が影響して「肩が痛い」「腕が上がらない」というパターンになっている方の場合は、胸を広げるようなストレッチをするといいと思います。


例えば、ヨガで行うようなストレッチなどは最適かというふうに思います。


当院でも、今後、痛みが発生するパターンごとに分けて、この痛みの場合は「こんなストレッチがいいよ」みたいな形で動画でわかりやすくその方法をお伝えできればと思っておりますので、お楽しみにお待ちくださいませ。


奈良の橿原にある当院では、このような形で原因追求にこだわり、体を根本から改善していくことを心がけながら整体にて体を整えさせていただいております。


また、元理学療法士だからこそ、体の構造を理解した上で体をみさせていただくので、安心した形で受けていただけると思います。


「肩が痛い」「腕が上がらない」という症状でお悩みの方は、ぜひご相談くださいませ。


県外や遠方の方は、zoomカウンセリング(リモート)を行なっておりますので気軽にお問い合わせくださいませ。


3回の閲覧0件のコメント