整体で生理痛は和らげることはできるのか?!奈良で根本的な改善を専門とする整体先生が語る生理痛改善のヒント!

治療しない治療院の院長の菊本です。


女性の患者さんで「生理痛がひどい」という方がよく聞きます。


その中でもかなりひどい生理痛の方の場合は、家事をすることや仕事に行くことが困難であるというお話も聞きます。


そもそも生理痛はなぜ起こるのか?


生理の時には子宮を収縮させる「プロスタグランジン」という物質が子宮内膜で多く作られるようになり、剥がれ落ちた子宮内膜(=経血)を体外に押し出すために子宮の筋肉をぎゅーっと縮めます。


これが下腹部や腰が痛くなる原因であると説明されています。


私が患者さんを実際に触診し、体をみてきた中で感じることは、生理痛がひどい患者さんは子宮や卵巣周囲の組織も硬くなっています。


子宮や卵巣周囲の組織が硬くなっているとどうなるかというと、その周辺を通っている神経や血管がストレスを受けることになります。


「子宮筋腫」などは、血流障害であると表現されることもあり、血流の滞りが病気とも関連していると言われています。


また、体内でタンパク質不足が起こっていると子宮の収縮が強く起こり、痛みが増強するという話もあります。


これは、月経とは出血なわけで、血液の中には血球成分が含まれます。


そして、子宮の内膜も同時に剥がれて体外へ排出されます。


この血球成分や子宮内膜はタンパク質でできているため、タンパク質がないところにタンパク質成分が体から出ていこうとすると、出ていくのを防ぐように子宮の収縮が強まると言われたりもします。


この話は、決して根拠があるわけではないので話半分で聞いてほしいのですが、実際にタンパク質をしっかりと推奨されている量を摂取したことで生理痛が軽減された話も聞いたことがあります。


あくまで、個人の経験談だと捉えてください。


ポイントは、生理痛がひどい患者さんは多くの場合、子宮や卵巣周囲の組織が硬くなっているので、その部分を緩めてあげることで生理痛を和らげる効果が期待できます。


ホームケアとしてひとつの方法は、「下腹部(子宮)を温める」です。


基本的にこれが一番簡単に組織が緩みます。


ホットタオルなどで温めるのがおすすめです。


もうひとつは、ヨガのような呼吸法を使ったような体を動かしながらのストレッチも和らげる効果が期待できると思います。


ただ、生理痛がひどすぎて動けない方にはおすすめできないので、そういった方は温める方法を試してみてください。


あとは、タンパク質を補うをやってみるのもいいかと思います。


奈良の橿原にある当院では、実際に子宮や卵巣に対して施術の中でその組織にアプローチし、組織の柔軟性を回復させ、血流改善を図ります。


そうすることで、実際に生理痛が和らいだという方が何人もいらっしゃいます。


ひどい生理痛でお困りの方は、ぜひご相談ください。



0回の閲覧0件のコメント