歩けないほどの坐骨神経痛の原因とは何か?!奈良で根本的な改善を専門とする整体先生が語る坐骨神経痛を改善するには?!

治療しない治療院の院長の菊本です。


坐骨神経痛があると段々と生活に支障が出てきますよね。


それこそ、しびれまで出現し、歩けないほどの痛みを伴う方は、生活範囲がかなり制限されると思います。


そうすると、仕事にも行けなくなったり、趣味もできなくなったりして生活に影響を来しますよね。


また、巷で言われているストレッチをしてもなかなか変化を感じれなかったりすることはないでしょうか?


やはり、ホームケアをしていくにも、しっかりと自分の体に起こっている原因をわかった上でケアしていきたいと思います。


では、坐骨神経痛どういったことが原因で発生したりするのでしょうか?


ひとつは、”骨盤の歪み”です。


これは、単純明快ですね。


骨盤が歪むと、骨盤の中を通っている坐骨神経系が影響されると症状発現につながります。


女性の方の場合は、”子宮の過緊張”、”卵巣のう腫”、”卵管の捻れ”などの生殖器系の負担の影響で、坐骨神経系が影響されることがあります。


また、男女ともに腰椎(腰の骨の部分)での負担が影響して坐骨神経痛につながることもあります。


例えば、腰椎ヘルニアや脊柱管狭窄症、圧迫骨折などの影響です。


これらの原因に対処していくことが坐骨神経痛の改善にとってとても重要です。


これらの原因に対して総合的に体の全身をみてくれる接骨院や整体がおすすめでしょう。


奈良の橿原にある当院も、全身からその方の一番原因しているところを見つけ出し、そこに対してアプローチすることを心がけて施術させていただいております。


「どこへ行っても改善しなかった」という方は、ぜひ一度ご相談ください。



0回の閲覧0件のコメント