半月板損傷の影響で腰が痛い?奈良で根本的な改善を専門とする整体先生が語る膝と腰の関係!

奈良で治療院をしています、治療しない治療院の院長の菊本です。


当院へお越しになる患者さんで過去に半月板損傷の受傷歴のある患者さんがいます。


また、半月板損傷の程度によって手術をされている患者さんがいらっしゃいますが、手術をされている患者さんは特に腰へ負担がかかりやすくなることがあります。


当院で行う独自の整体法では、手術後のケアも含め、手術の後遺症などにも対応しています。


では、半月板損傷と「腰が痛い」という症状はどのように関係しているのでしょうか?


まず簡単に半月板とは、膝関節の内側と外側にあるC型をした板状の組織で、衝撃吸収と膝関節を安定化する機能を持っていると説明されています(図)。(社会福祉法人恩賜財団済生会HPより参照)




半月板は図のような形をしていて、膝関節に位置しています。

人が歩く時や踏ん張る時には、足底筋膜や膝の半月板、股関節、骨盤、脊柱(背骨)、これらの組織が機能的に連携して足の負担となる衝撃を吸収することで、体への負担を軽減してます。

単純に考えて膝の半月板がうまく機能できなくなるだけで、上記にあげた組織の負担は増加してしまうようになるということです。

当院へお越しになっていただいた患者さんの中で、過去に半月板の手術を受けた方に関して言えば、その方の場合は「腰」への負担が増大して「腰痛」が発生していました。

その方の場合は、症状としては「腰が痛い」ということですが、腰をみるわけではなく、膝の半月板のケアをしてあげることで「腰痛」は改善していきます。

どういうことかというと、腰に原因があるわけではなく、あくまで膝の半月板の機能不全により、腰への負担が増大したということなので、半月板のケアをしてあげることで腰への負担は軽減するというわけです。

奈良の橿原にある当院は、手術後のケアも得意としています。

「まさか、過去の手術の影響が現在の症状につながっていたなんて...」ということはよくあります。

半月板損傷している患者さんは、ケアをしっかりとしておかないと将来にほとんどの確率で何かの症状出現につながります。

ケアを怠らずメンテナンスしておくことをおすすめします。

その際は、当院にぜひご相談くださいませ。



0回の閲覧0件のコメント