五十肩で肩が痛い!その原因は?奈良で根本的な改善を専門とする整体先生が語る五十肩の原因!

奈良で治療院をしています、治療しない治療院の院長の菊本です。


当院にも「五十肩で肩が痛いんです...」と言ってご相談にくださる方がいらっしゃいます。


五十肩に関しても整体という方法で痛みの緩和や可動性の改善などを図っていきます。


当院にお越しくださる患者さんの症例紹介と合わせて、五十肩の原因について書いていきたいと思います。


最近、ご相談にお越しくださった患者さんは、50代女性の患者さんで五十肩で左肩が痛いということで御来院いただきました。


お話を伺うと、「夜間にうずく」「左でバックが持てない」「どの方向で寝ても痛みが出現する」「慢性的に肩こりがある」などの症状の訴えがありました。


また、過去に手術の経験を2回ほどしており、「胆のう切除術」「盲腸切除術」を受けていました。


問診した後に、体の状態をチェックしていくと、背部(特に両側の肩甲骨周囲)の柔軟性低下、腰部・骨盤部の柔軟性低下・歪みあり、胸郭可動性低下、盲腸部分(過去にあった場所)の柔軟性低下が確認されました。


全体の状態を通して観察していくと、過去の手術の影響が強く現在の症状に影響を与えているというのがわかりました。


というのは、上記で確認された部分に対して調整を行うと左肩関節の動きがスムーズに動くようになるのが確認されました。


ということは、少なからず体の内側のバランスの変化で、左肩関節に負担がかかっていたということがひとつ考えられました。


よく他の患者さんでも、胸郭可動性の低下や柔軟性低下の影響を受けて、肩関節や腕にかけて、しびれや肩の痛み、腕のだるさ、突っ張る感覚やハリを感じるという症状はあります。


今回の患者さんの場合は、過去の手術の影響で内臓系や胸郭に負担がかかり、内臓系や胸郭への負担の影響を受けて、左肩に症状が出現していたということです。


上記の図にもあるように、患者さんが手術をされた部分は青丸の部分で、その青丸部分の周囲が硬くなると、胸郭全体に青丸周囲に向かって引っ張るチカラが加わります。


そうすると、胸郭の可動性・柔軟性が低下することにより、左肩関節にも負担がかかります。


これは、あくまでこの患者さんの場合ということであって、胆のう切除術と盲腸切除術を受けて方全員が左肩に影響が出るわけではありません。


右肩に負担がかかる場合も当然あります。


あくまでこの患者さんの場合です。


こういった症例の場合、病院などで行う画像検査では上記で説明しているようなことはわかりません。


実際に解剖を勉強して、触診の訓練を行っているものでないと今のような原因にはたどり着けないということです。


ちなみに肩関節周囲炎(五十肩)に関しては、画像検査で炎症が起こっているというのはわかっても、炎症が起こっている原因についてはわからないのです。


あくまで、その症状が出ている状態を確認できるというくらいです。


やはり症状を改善していくには、根本の原因を見つけ出していくことが大事です。


奈良の橿原にある当院では、上記の説明のように体全体をチェックし、問診で聴取したことと合わせて、体の原因を探り、その原因に対して整体という方法を使ってアプローチしていきます。


なかなか改善されないでお困りの方は、ぜひ一度ご相談ください。



0回の閲覧0件のコメント