整形外科・接骨院・マッサージに通っても一向に良くならず、
「諦めていた」方々が、元気になる治療院
このようなお悩みありませんか?
  • 肩こりがひどくて、マッサージをしてもらうがそのときだけで良くならない。

  • 昔から頭痛持ちで、薬を飲んで痛みを我慢している。

  • 膝が痛くてずっと注射を打ってもらっているけど、全然良くならない。

  • 朝起き上がる時に、腰が痛くてつらい。

  • 病院で検査してもらうけど、原因がわからない。

  • 手術を勧められているが、できれば手術をしたくない。

  • 病院でこれ以上良くならないと言われ、諦めている。

​その症状諦めないでください!

​どこへ行っても治らないと言われて諦めていませんか?

痛みがあると、「自分のやりたいことができない」、「趣味ができなくなった」、「仕事に集中できない」、「生活がしづらい」など、様々な悩みを感じられていると思います。

 

そして、どこへ行っても良くならなかったり、”痛み止め”を飲んだり、”関節注射”をしてもらうけど、結局痛みが再発してそれの繰り返しになっているという経験はありませんか?

 

​このような辛さは、なかなか周りの方に理解してもらえないことも多いように思います。

私の母も病気により後遺症として、足のしびれ、慢性頭痛がありよく悩みを身近で聞いていたので、あなたのその気持ちがよく理解できます。

当院では、オステオパシーを取り入れています。

オステオパシー は、もともと身体に備わる”自然治癒力”を最大限に引き出す技術のひとつです。

当整体院の施術を受けていただいた方の声をお聞きください。
​ ▫️関節注射を打っても取れなかった痛みが
  取れてビックリしました!

Q.施術を受ける前は、どんな症状で悩んでいましたか?
A.歩きにくく、膝が引っかかるような感じで重さがありました。
 歩くと右足が出にくさがありました。
 階段の上がる際に、膝痛がありました。
 腰痛もありました。

Q.施術を受けてご自身の症状はどう変化、改善しましたか?
A.歩くとき、引っかかりがなく、軽くなり、歩きやすくなりました。
 階段を上がる際も痛みがなくなりました。
 腰痛がなくなりました。

Q.今までに受けた治療と比べてどうでしたか?
A.他のマッサージやリハビリでは、痛さがありましたが、先生の治療は、力任せや力ずくではなく、ゆっくりとゆっくりと身体を元の状態にして下さりました。

Q.体調が回復してよかったこと、嬉しかったことは何でしょうか?
A.歩くのが辛かったし、病院では痛み止めの注射でそのときだけしか痛みが引きませんでしたが、回数を重ねると、注射に頼ることがなくなりました。
趣味がマラソンで、膝が痛くて走るなんてできませんでしたが、今はジョギングができるまでになりました。

Q.同じような症状でお悩みの方へのアドバイスやメッセージがありましたらお願いします。
A.注射をしてもそのときだけなので、筋膜を整え、身体全体のメンテナンスをすれば痛みもなくなります。

​ ▫️生理痛・頭痛・肩こり・腰痛の症状で悩んでいた症例

Q.施術を受ける前は、どんな症状で悩んでいましたか?

A.生理痛がひどい。生理周期がランダム。頭痛、肩こり、腰痛がありました。

 

Q.施術を受けてご自身の症状はどう変化、改善しましたか?

A.生理痛がほぼなくなって、薬(痛み止め)を飲まなくても大丈夫になった。生理周期も安定してきた。痛みがましになった。

 

Q.今までに受けた治療と比べてどうでしたか?

A.整骨院には行ったことがあって、その日の痛みに取れても後日すぐ戻っていたので、それがなくてすごいです。

 

Q.体調が回復してよかったこと、嬉しかったことは何でしょうか?

A.生理痛がほぼなくなって、薬(痛み止め)を飲まなくても大丈夫になったこと。生理周期も安定してきたこと。痛みがましになったこと。

Q.同じような症状でお悩みの方へのアドバイスやメッセージがありましたらお願いします。

A.原因が何か分からない痛みも相談したら治してくれるのでめっちゃ安心します。痛みを取るだけじゃなくて何でそうなるかも教えてくれるのでそこが良いです。

​ ▫️ギックリ腰を発症し、起き上がり困難で悩んでいた症例

Q.施術を受ける前は、どんな症状で悩んでいましたか?

A.腰の痛みで悩んでいた。

 

Q.施術を受けてご自身の症状はどう変化、改善しましたか?

A.何もなかったように改善していった。

Q.今までに受けた治療と比べてどうでしたか?

A.初めての経験、針治療などとは違い、持続性が強い。

 

Q.体調が回復してよかったこと、嬉しかったことは何でしょうか?

A.腰の痛みと身体の疲れが取れたこと。

Q.同じような症状でお悩みの方へのアドバイスやメッセージがありましたらお願いします。

A.一度、オステオパシー療法を受けてみてください。

​その他にも様々な症状でお悩みの方がお越しいただいております。
​ ▫️抗うつ薬中断症候群と緑内障に悩まれていた方の症例

Q.オステオパシーを受けて、どのような変化がありましたか?

A.五感がはっきりしてきました。緑内障だったのですが、随分と見えるようになってきました。感謝しています。

※過去にうつ病と診断され、10年間抗うつ薬を服用されていました。薬を離脱する際に抗うつ薬中断症候群というものに悩まされ、主に感覚障害あるとのことでした。触覚、味覚、温度覚などがわかりにくくなっていたとのことでした。また、緑内障に関しては、視野の狭窄がありました。

​ ▫️右下肢(あし)痛、右肩のしびれ、首が回らなくて悩まれていた症例

Q.オステオパシーを受けて、どのような変化がありましたか?

A.首が回るようになりました。足の痛みがなくなりました。肩がしびれていたのが治りました。

 

※症例の場合は、過去に胆のう摘出する手術をされていて、瘢痕化(切った組織が硬くなる)した影響により内臓臓器を包む”膜”に歪みが生じていました。

​ ▫️易疲労性、姿勢の歪み、両足のむくみで悩まれていた症例

Q.オステオパシーを受けて、どのような変化がありましたか?

A.身体の歪みがまっすぐに。思考もまっすぐになりました。

 

※知り合いの紹介で、メンテナンスでお越しいただきました。普段から少し身体の歪みを気にされていたとのことでした。また、最近疲れやすく、足もむくんでおられました。施術後は、履いていた靴がスカスカになるくらいむくみが引いておられました。

当院が選ばれる3つのポイント

1.オーダーメイドの施術

痛みの症状ひとつとっても様々な原因があります。

例えば、首の痛みひとつにしてもひとりひとり原因は違います。

「過去の足首のケガが原因」の方もいらっしゃれば、「内臓の機能障害が原因」の方もいらっしゃいます。

当院では、全身を評価し、根本的な原因はどこにあるのかを検査します。

検査といっても”左右の身体のバランス”を確認したり、”骨の歪み”を確認したり、”組織の硬さ”を確認したりしてポイントを探ります。

原因となるポイントは症状の場所と違うところが検出されることも少なくありません。

症状改善につながるポイントを見つけ出し、ひとりひとりに合った施術を心がけています。

2.週に何度も通う必要はありません

マッサージや接骨院のように週に何度も通っていただく必要はありません。

どうしてかというと、オステオパシーでは自然治癒力を引き出すように施術させていただきます。

​身体のバランスや歪み、硬さが取れると自然治癒力が働きやすい状態になります。

施術後、しばらくは自然治癒力が働くので経過を観察します。

個人差はありますが、初診後の次回ご来院いただくタイミングとしては、1〜2週間後を提案させていただいております。

※慢性化した症状のお持ちの方は、次回施術のタイミングが早まることがあります。

​ひとりひとりに合わせた提案をさせていただきます。

3.ひとりひとりに合った健康づくり

オステオパシーでは、病気の予防にも貢献できます。

オステオパシーは、考え方のひとつに「構造と機能は相互関係がある」というのがあります。

構造(骨格)というのは、「骨の歪み」であったり「身体の左右のバランス」に関係するところです。

その構造も整えていくので、代謝機能が上がったり、代謝機能が上がることで免疫も上がったりします。

病気になるストレスから身体を守るサポートにもなります。

​また、ひとりひとりにあった生活習慣のアドバイスやご提案もさせていただきます。

​オステオパシーとは?

1874年にアメリカのアンドリュー・テーラー・スティル医学博士によって創始されました。

オステオパシーには、「オステオパシー哲学」なるものがあり、その中に”人間の体は一つのユニットであり、構造と機能とは相互に関係を持ち自らを防御し、自らを修復しようとする能力(自然治癒力)を備えている”という考え方があります。

スティル博士はこのような考え方をベースとし、手技によって自然治癒力が最大限発揮されるように整え、健康を回復する治療法を生み出しました。

これがオステオパシー です。

スティル博士は従軍医師でしたが、二人の息子と一人の養子を髄膜炎で亡くし、それから研究を積み重ね1874年にオステオパシー を創始されました。

当初は西洋医学から受け入れられていなかったようですが、多くの方に支持され、1892年にアメリカン・スクール・オブ・オステオパシー (現在のA.T.Still University)がミズーリ州に設立され、1910年に医学認可を受けています。

スティル博士は、解剖学を調べなおし実際に人間の体を詳細に観察する中で、人体のどの部分も互いに影響しあっており、「全体で一つのものとして機能しているユニットである」ということに気づかれました。

つまり、オステオパシー では腰痛を治療する場合でも、それが腰だけに原因を求めるのではなく、全身的な観点から治療を行います。

例えば、「過去の足の骨の骨折が影響し、首に痛みが出現していた症例」であったり、「過去の腸の手術が影響して腰部痛が出現していた症例」の方々がおられました。

いずれも”首の痛み”や”腰部痛”の訴えで最初来られましたが、全身を評価すると上記のような問題が見つかり、症状の場所とは違う問題がある部位に対してアプローチを行うと痛みが軽減したという症例でした。

健康は、人間が持つ自然治癒力によって維持されています。その自然治癒力によって、人間はその生活環境における有害な影響に対抗することができます。さらに、身体的・精神的な余裕を持たせることにより、日常生活の中の通常のストレスや環境、活動の極端な変化によって起こる激しいストレスにも対処することができます。

病気は、この人間が持つ自然治癒力が減退するとき、またはそれを上回る有害な環境に打ち負かされたときに起こります。

オステオパシー 医学では、多くの因子によって自然治癒力が損なわれると考えます。

”物理的ストレス(過去の外傷、負担のかかる動作、骨格の歪み)”、”化学的ストレス(食品添加物などが多い食事、薬の副作用、毒物、タバコ)”、”生物学的ストレス(感染症、腸内細菌のアンバランス)”、”感情的ストレス”など。

従って、オステオパシー 医学とは免疫力および自然治癒力のもとになる全ての力を開放し、より良く機能させることを目的としています。